振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ 振り返りとかゴミ

就職活動で出会った、次元が違う傑物3選:(2)

諸君、私だ。

ゴミだ。

 

※関連記事はこちら

就職活動で出会った、次元が違う傑物3選:(1)

https://htnbrog.hatenablog.jp/entry/jobhunting-ketsubutu

 

 

先に断っておくが、この記事は長い。

覚悟がある者だけ、読んでくれ。

 

最近、久方ぶりに、

会話に困る御方と話す機会があった。

 

その「困る」とは、

「圧倒的意識の高さ」から生じる会話のしにくさだ。

そう、言葉に横文字が多いのだ。

 

f:id:HTNbrog:20180906230324p:plain

 

横文字とは、

「日本語でおk」と言いたくなるような、英語をカタカナ読みをした言葉。

<例>君にアグリー(英語:agree、意味:同意する)やで(^_-)-☆

横文字を多用する人間とは、仲良くなれた試しがなく、単語の意味がわからないので、非常に厄介である。

以下のいずれかが主な生息地だ。
IT企業、コンサル企業、投資・ファンド系会社、外資系企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業、

 

その困難さを覚えたと同時に、

「そういや就活の時は、横文字業界でも

トップクラスの傑物がおったなぁ...」

そんな風にふと思った。

 

その傑物によって、

次から次へと繰り出される、

横文字のオンパレード。

 

怒涛の横文字の前に、

当時の私はなす術もなかった。

 

それはまさに、

横文字のデンプシーロール

 

f:id:HTNbrog:20180905185352j:plain

  

右から横文字を叩きつけられ、

それを躱そうとすると、

左の横文字を叩きつけられる。

 

そして、右→左のループからは逃れられない。

まさに、横文字が∞(無限大)を描き出す。

 

今回は、

就職活動を通じて出会った傑物②、

「横文字パイセン」について書いていきたい。

 

さて、パイセンについて

書いていく前に、諸君らには、

「ドキッ☆抜き打ち横文字チェック!」を

かましていきたい。

 

是非、以下のレベル別の横文字の

意味が分かるか挑戦してほしい。

 

全ての単語がわかった場合は誇っていい。

君は「横文字の祖」である。

 

レベル1

・ジョイン(参加する)

・アセット(資産)

・コミット (約束する・関わる)

パンピーでも知ってるレベル

 

レベル2

・オポチュニティ(機会)

・イニシアティブ(主導権)

・サマリー(要約)

⇒サラリーマンならよく聞くレベル

 

レベル3

・コアコンピテンス(中核能力)

インタラクティブ(相互作用する)

・バッファ(余裕・緩衝)

ベンチャー企業に勤務すれば、

高頻度で出現する語群

 

レベル4

アジャイル(俊敏な)

・スキーム(枠組みを伴った計画)

・ハレーション(悪影響を及ぼす)

⇒横文字系ベンチャー企業

数年の勤務を経て至る境地

 

レベル5

パラダイムシフト(時代における常識や前提などが大きく変化すること。)

コモディティ化(商品価値の普遍化)

マイルストーン(工程の遅延が許されない重大な節目)

・コンティンジェンシー(偶発性・偶発事象)

⇒歴戦のベンチャー企業の猛者や

役員からしか、あまり聞くことができない

 

レベル6

・レールガン(超電磁法)

アクセラレータ(一方通行)

ダークマター(未元物質・暗黒物質)

・メルトダウナー(原子崩し・炉心融解)

⇒※スタートアップ企業の社員か、

ただのオタクからしか聞くことが無い

 

スタートアップ企業とは、

「社会的課題や現状を変革すべく、世界に革新的なサービスやモノを生み出すっ!」ために、新興した会社のこと。「世界に革新をもたらす」とは、例えば、以下のようなサービスが挙げられる

長らく、「漢(おとこ)」達を困らせてきた現象がある。
その現象とは、提示されたパネルや画像で風俗嬢を選択する際に、パネルに掛けた一縷の望みが、顕現された嬢とあまりにも乖離していることである。

この現象、「パネルマジック」を強制的に解除し、体重・スリーサイズ・性癖・戦闘力を可視化できるスカウターのようなものが開発されれば、おそらく『世界は変わる』。私が、8兆円差し上げます(^^)

 

レベル7

・インデックス(禁書目録)

・アルス=マグナ(黄金錬成・純金の変換・大いなる学術)

・テレズマ(天使の力)

⇒スタートアップ企業の中でも、

とある魔術の禁書目録廚」しか知らない

 

 レベル8

・エンペラータイム(絶対時間)

・ビッグバンインパクト(超破壊拳)

・ブラックゴレイヌ(黒い賢者)

⇒トップ1%のスタートアップ企業の、

HUNTER×HUNTER」好きか、

「富樫廚」社員しかしらない

 

レベル9

・ガットバスター(胃袋破り)

シャイニング・ウィザード(閃光魔術)

・ドラゴン・スープレックス(飛竜原爆固め)

⇒トップ1%のスタートアップ企業の

戦闘狂か、「プロレス」好きしか知らない

 

いかがだろうか?

賢い諸君らには、レベル5までは

完答できたのではないだろうか?

 

しかし、レベル6以降は、

爆裂に難易度が上がる。

 

レベル5までを「アントキノ猪木」だとすると、

レベル6以降は「アントニオ猪木」くらい違う。

 

さらに例えると、

亀田興毅」と「亀田大毅」くらい違う。

 

この違い、相当なものだ。

言葉にするだけで、違いが滲み出ている。

 

レベル6以降も解けたのであれば、

是非私にコメントしてくれ。

 

さて、諸君らのウォーミングアップも

済んだところで、『横文字パイセン』との

一連のストリームを話していきたい。

 

まずは、彼のステータス確認からだ。

 

横文字パイセンステ―タス

・学歴:「早慶以上です。」って仰られていた。

・学年:5年生、休学していたらしい。

・金持ち力:バカ高い、53万

・好きな横文字:アジェンダ、アグリー、ロジカル

・顔面:めちゃくちゃ純ジャパの顔面
    まごうこと無き「日本人×メガネ」
    江戸時代で寺子屋とか行ってそうな顔面

・身体能力:低そう。手を横に振って、女走りしそう。

・イラつき度:精神が肉体を凌駕するイラつきをもたらす。

・特筆事項:
分の行ったインターン先、友人のステータスの高さ、
自分の身に着けている服飾の価格を、
鬱陶しい程に自慢をかましてくる。
死ねくそごみ。

 

さて、一通り確認頂けたであろうか。

 

それでは、

そんな彼とのストーリーを

振り返っていきたい。

 

彼とは、とある企業の

「グループディスカッション(集団討論)」で、

相まみえることとなった。

 

グループディスカッション(集団討論)とは、

複数の被験者を集め、特定のテーマについて、制限時間内に討論してもらうものである。

就職活動の選考において、必ずと言っていいほど、立ちふさがってくるため、百腕巨人(ヘカトンケイル)の門番」と呼ばれている。

就職活動においては、討論の結果よりも、被験者のコメントの質やコミュニケーション能力、集団の中での役割が注目される。

こいつで、「他人が優秀かどうか」をはかろうなど、到底不可能だと思わされることが大いにあり、こいつで選考に落ちた場合、生涯でも類を見ないほど憤りを感じることになる。 

 

そして、4~6人席に着かされ、

恒例の「アイスブレイク」という

通過儀礼を行うことになった。

 

アイスブレイクとは、

初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法・またはその機会を指す。

最初にアイスブレイクを切り出すものは、一般的に「アイスブレイカー」と呼ばれている。

上手くアイスをブレイクをできるアイスブレイカーは、後の討論もうまく回すことが多く、非常に役に立つ。

しかし、アイスをブレイクしようとしたものの、全くアイスをブレイクできず、むしろより強固なアイスを築いてしまうアイスブレイカーは、厄介極まりない。 

 

その時の席順は以下の図で、

今回は4人グループだった。

 

f:id:HTNbrog:20180905182723p:plain

 

諸君のお察しの通り、

今回のアイスブレイカーは、

パイセンだった。

  

それでは、「アイスブレイク」で

どんなブレイクが展開されたのか、

会話形式で見ていきたい。

 

なお、《》の中は、私の心境である。

特に気にしないでくれ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

パイセン:

さて、みんな揃ったことだし、

自己紹介をしていかないかい? 

 

まずは、僕から。

僕は、「横文字パイセン」と言います。

 

去年休学していて、

一年みんなより年上...かな。

 

何でも、気兼ねなく、

話してもらえると嬉しい。

 

今日せっかく出会った仲だ、

みんなで楽しもう。

 

以上だ。宜しくね。

 

《なん....だとっ!何だこの、ビバリーヒルズでしか聞くことがないような、話し方はっ!!こいつぁ、手練れだぜぇ...》

 

 

 

シュンスケ:

では、次は僕が。

僕は、「シュンスケ」っていいます。

 

隣の「横文字パイセン」とは、友人です。

 

就活を始めて、未熟な部分もありますが、

一緒に今日の選考を突破できればと思います。

 

宜しくお願いします。

 

《ほぉ…彼奴の友人にしては、まともやんか....》

 

 

 

モブ:

初めまして、モブです。

 

この会社に尊敬する先輩がいるので、

受けてみました。

 

宜しくおねがいします、

 

《(^^)ホッコリ》

 

 

  

鷹:

初めまして、鷹と申します。

 

この会社の男性社員がイケてたのと、

めっちゃ綺麗な女性社員が多いので、

受けに来ました。

 

宜しくおねがいします。

 

 

 

パイセン:

へぇ、鷹の理由、面白いね。

 

鷹は、どんな女性が好みなの?

 

 

 

鷹:

 《こいつ、もう「下の名前呼び」からの「タメ語」の連撃を叩き込んできよるか。》

 

僕はそうですね...

新垣結衣浜田ブリトニーが好きですね。

 

 

 

パイセン:

(浜田ブリトニー??)

そうなんだ、見た目からして意外だね!

 

《なんやなんや、偏見か?しばくで》

 

僕は、外人が好きなんだ。

 

彼女は、若い頃の

キャメロン・ディアス」に似ていたんだ!

最近、別れちゃったけどね!

 

新しい彼女が欲しいから、

早く見つけなきゃな。

 

 

 

鷹:

《聞いてへんことベラつくし、マウントも取りにきたか…》

 

若い頃の「キャメロン・ディアス」は、

どえらいっすね!

 

次は、

若い頃の「ブリトニー・スピアーズ」と

付き合えるといいですね!

 

 

 

パイセン:

ありがとう!

鷹、返しがグレートだね!

 

 

 

鷹:

いえいえ(´・ω・)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

かくして、アイスブレイクは終了した。

さて、もう感じだろう?

パイセンのポテンシャルを。

 

じわじわと伝わってきているはずだ。

パイセンの「資質」が、足音を立てて、

君の近くにまで寄ってきている。

 

一見、非常に爽やかな口ぶりと、

ジョークの効いた会話を

展開したかのように思える。

 

まるで、「ディラン・マッケイ」。

もしくは、「宝塚の人」のような爽やかさだ。

恐らく聡明で、人望も厚そうだ。

一見何も、欠点が見当たらない。

 

しかし、要注意だ。

・聞いてないことをベラついてくる。

・私のことを気にせず、接近戦を仕掛けてくる。

・悪意なくマウントをかましてくる

 

上記を満たし始めた時点で、

私は非常に「資質」を感じる。

もう、仲良くなれない。

 

では、その「資質」があらわになる、

「グループディスカッション」の

現場をご覧ください。

 

ちなみに、今回は、資料を読み込んで、

「A街の隣の土地に、建設すべき建物とは?」

というテーマを話し合った。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

パイセン:

さて、みんなの意見を

集計するところからはじめよう。

何を考えているのか、聞かせてくれ。

 

まずは、シュンから。

 

さぁ、ロジカルにいこう。

 

《手塚國光みたいな言い方しよるな、こいつ。》

f:id:HTNbrog:20180905183133j:plain

 

 

 

シュンスケ:

そうですね。

まず、この街は人口も多く、

非常に若い世代が多いです。

 

そのため遊べる施設がいいと思います。

 

 

 

パイセン:

なるほど....ね。

アグリーだ、シュン。

 

《「なるほど」と「アグリー」の意味が、被ってるでぇw》

アグリシュンが現場入りしだしたでぇ》

f:id:HTNbrog:20180906233431p:plain

 

 ※ちなみに、アグリシュンのイメージ画像は、

中国の思想家・小説家・翻訳家である、

『ルー・シュン(魯迅)』で代用している。

 

 

 

モブ:

いや、待って下さい。

全く、遊ぶ施設には同意できないです。

 

 

 

パイセン:

モブ、今は君のクリティカルシンキング

聞く時間じゃない。

 

今は、君が必須だと思った建物をこたえるべきだ。

 

さぁ、ロジカルに行こう。

 

《いちいち「ロジカルに行こう」いらんねん。この手塚ほんま腹立つわ。》

 

 

 

モブ:

はい、すんません。

そうですね。

私は大きなマンションがいいと思います。

 

若い世代といっても、学生とかではないので、

住人増加の傾向から、そう判断しました。

 

 

 

パイセン:

なるほど。

納得だ。

 

《そこは、アグリー言うとこやw》

 

 

 

鷹:

次は僕ですね。

 

ちなみに僕も、マンションに賛成ですね。

 

モブ君を補足できればと思いますが、 

若い世代と言っても、年齢が26前後なんで、

単身で仕事で来られる方多いんちゃいます?

 

その方らの人口も今増えてて、

今後も増えそうですし、

その方ら向けに、

単身マンションがいいんちゃいますかね。

 

 

 

パイセン:

鷹、いいね。

今回のアジェンダをよく理解している意見だ。

 

しかし、鷹。

君は一つ失念をしている。

 

 

 

アグリシュン:

これ、反論していい時間だっけ?

パイセン。

 

 

 

パイセン:

おっと、すまない。

意見が出そろったから、

もうナチュラルにそのフェーズに

移行したのかと思ったよ。

 

《鬼のブーメラン、くらってもうてるでw》

《ほんで、フェーズって、インフルエンザにでもかかっとんけ?》

 

さて、改めて....

鷹、君は一つ失念している。

 

確かに、マンション。

グッドな意見だ。

 

しかし、建物と言っても、

マンション、商業施設、ビル....

多様なバリュエーションが存在している。

 

しかし、建物とは、それだけかな?

建物って、本当に建物なのかな?

(ドォォォヤァァァァァァァァァ!!!)

 

この辺りをしっかりと

ロジカリングしていかないと、

ファームにジョインしてからは、

通用しない。僕はそう思うよ。

 

 

 

アグリシュン:

なるほど...そういうことですね。

失念していたかもしれません。

 

 

 

鷹:

ふむ、、ふぉー、、、、なるほど、、、

これは、、、、難しい、、繊細ですね。

 

確かに、アジャストが必要な

フェーズに入りましたね。

 

《...何や?、、、一体、今何が起こってるんや??》

ロジカリングってなんや?ロジカル × ingしたら、いけると思ってんか?そんなん反則やぞ、何でもええやんけ。》

ファームって、こいつ農場行くんけ?まさか、会社のことをカンパニーではなく、ファームって言うてんか?カンパニー派ではなく、ファーム派やったと言うんか?》

《ほんで、「建物って、本当に建物なのかな?」という発言、バケモン過ぎてどえらいことなっとる。何を『言うたったでぇ!!』って、渾身の顔かましてくれとんねん、顔面腹立つわ。建物は、「建物」やんか、建物以外の何者でも無い。「本当に」とか、疑う余地もないわ。》

《あかん、突っ込みどころが多すぎる。こんなん、俺だけじゃ捌き切れへん。》

《おい、アグリシュン、お前なんとかせぇ、お前の連れやろ。「なるほど」ちゃうねん。何も「失念」してないやんか。放置すな。》

《モブ、俺を助けろ。もう均衡が崩れるやんけ。あかん、限界や、この空気耐えられへん。》

 

 

 

モブ:

(軽く下を向いて、虚空を見つめている)

(何も語らない。一切の挙動も無い。)

(遠くを見る俳優のように、たたずんでいるだけのようだ。)

 

《あかん、モブの意識、完全に持っていかれてもうとる。こらもう、かなわんで。》

 

 

 

鷹:

えー、、、、

アジャストした結果なんですが、

建物は建物以外の何者でもなく、

建物たりうるものです。(^^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こうして、時間切れとなり、

「商業施設」に決定した。

 

「建物は、本当に建物なのか?」

という議論で紛糾し、

中身がスッカスカな議論を繰り広げ、

ゴミカスな結論となった。

 

もちろん、私は、

この選考は落ちた。

 

仕方がない。

当然落ちると思われる。

こねくり回したからだ。

 

また、横文字パイセンに圧倒された以上に、

発言の意図が読めないものほど、

怖いものはないと、非常に勉強になった。

 

 

 

管理人 鷹