振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ 振り返りとかゴミ

パーマとは、「かけるもの」ではない。「かかっているもの」である。

諸君、私だ。

ゴミだ。

 

f:id:HTNbrog:20180919230032j:plain

 

今回は、

どうしても納得できないことがあったので、

それに対して主張していきたい。

 

先日喫茶店で、学生同士の、

以下のような会話を聞いた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

天然可愛い系女の子:

あ、パーマかけた?

似合ってるね。

 

巨乳生まれ巨乳育ち系女の子:

ほんとだ!!気付かなかった!

ちょー似合ってるじゃん!

 

殺したい系イケメン:

ありがと!

まあ、俺ぐらいになると、

元からパーマがかかってるってくらいに、

パーマをかけられるんだ。

 

似合いすぎて困るよね。

 

あ、ちょっとトイレ行ってくるね。

(タッタッタッタッ)

 

天然可愛い系女の子:

ちょっと何言ってるか、

わかんなかったね。

 

巨乳生まれ巨乳育ち系女の子:

全く面白くないよねあいつ。

学校でも有名じゃん。

 

イケメンじゃなかったら、

遊ばないよね。

 

ゴミ管理人系男児鷹:

あいつゴミクソに言われとんでぇwwww

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私はこの会話を聞いて、衝撃が走った。

 

まあ、男が速水もこみち風の

イケメンだというのも腹が立つのだが...

 

一番、腹が立つのは、

「まあ、俺ぐらいになると、

元からパーマがかかってるってくらいに、

パーマをかけられるんだ。」 

という発言だ。

 

こいつは、本当にパーマを舐めている。

直毛という宿命を背負って

生まれきたか何だか知らないが、

こいつは、これまで天然パーマとしての業を

背負ってきた俺の苦悩を全く知らない。

 

女の子達の発言ももっともだ。

安心しろ、俺がこのブログで晒してやる。

お前らの仇は、俺が取ってやる。

 

しかし、イケメンだからという理由で

遊んでいるのなら、私と遊んだほうがいい。

 

なぜなら、確かに、私はイケメンではないが、

私なら朝昼晩飯+温泉付きだからだ。

 

見たところ、そのイケメンにはない

「パワー(資金力)」が、確実に私には有る。

 

ただ、その(パパになる)代わりに、

精魂尽き果てるまで、2on1で

ゴリゴリに夜のお相手をして頂くがなぁ!

 

話が逸れた、元に戻そう。

要は、私が言いたいことは一つだ。

 

パーマとは、「かけるもの」ではない。

「かかっているもの」である。(by 鷹)

 

この主張をみんなにわかってほしい。 

どういうことか、細かく説明していきたい。

 

さて、そもそもだが、諸君らは、

「天パ」という、古(いにしえ)より

受け継がれし業をご存知か?

 

天パとは、

「本来、まっすぐである髪の毛が、

毛穴の形や髪の毛に加わる何らかの要因により、

髪の毛がうねったり縮れたりする。」

という事象である。

 

諸君らは、気付いているだろうか?

この現象が、

いかに「意味が分からないか」ということを。

 

まず、毛を曲げる必要がない。

髪の毛がうねっている必要など無い、虚無。

 

陰毛やケツ毛もそうだ。

なぜ縮れている?

あれも、もはや天パだ。

 

おかしいとは思わないか?

陰毛やケツ毛も、

ストレートの方が絶対に格好が良い。

 

暖簾(のれん)をイメージしてくれ。

 

f:id:HTNbrog:20180919230430j:plain

 

暖簾を掻き分けて、ちんこが、

「よっ、大将!やってる?」という感じを

出す方が、非常にキュートだ。

 

女の子は絶対に愛着がわき、

可愛がるに違いない。

 

ただでさえ、ちんこはおぞましい。

初めてみた女性諸君は、恐怖を感じただろう。

 

しかし、想像してくれ。

サラッサラの陰毛がちんこを覆っている。

 

そして、勃起をすれば、ちんこが

暖簾のごとし陰毛を掻き分けてくる。

 

どうだ??

恐怖よりも、

大将の顔が思い浮かんでこないか?

じわじわと来ないか?

 

まさに、ちんこの神秘的な現場入りを

眺めることができる。

まさに、チン百景が1つといっても良い。

 

しかし…いや、まさか...

すまない…私としたことが失念していた。

 

まさか、実際に存在しているというのか?

陰毛直線型タイプが...

 

確かに、

存在していても不思議なことではない。

そう考えると、私の思考が広がりだした。

 

組み合わせとしては、

以下の可能性があり得る。

〇髪の毛 ・直毛

     ・天パ

 

〇陰毛 ・直毛

    ・天パ

 

つまり、陰毛が「直毛」でありながら、

髪の毛が「天パ」という、

新人類の可能性が見えてきた。

 

いや、もはや脛(すね)毛や腋(わき)毛、

ケツ毛、ギャランドゥ、腿(もも)毛だけが、

直毛というパターンすらも

あり得るということだ。

 

さらにいえば、陰毛の半分のみが直毛…

そういった可能性もありうる。

未知の国、コンゴとかにいそうだ。

 

何たることだ...私の思考が

一気に拡大されてしまったではないか。

 

失礼、話を戻そう。

一体、なぜ神は天パという、

こんな現象を作り出したのか。

 

私は、

神の悪戯・神の暇潰しだとしか思えない。

 

「暇やなー...あ、とりあえず、

人間の毛髪、縮らしてみるけ?」

「あ、やってみたら、

全然おもんなかったわ!すまん!!」

 

こんな感じで作られたとしか思えない。 

 

おかげで、私は散々な目に合ってきた。

汗をかけば、前髪がくりくりにうねる。

 

そうだ...

手に負えない「うねり」と共に、

豪傑共の”新時代”がやってくるのだ。

 

f:id:HTNbrog:20180919231304g:plain

 

豪傑と新時代がやってきた結果、

私の前髪は”角”みたいになる。

 

その角はまるで、鬼人ような角。

もしくは、二本の立派な角を持つ、

※角竜ディアブロスのようだ。

 

f:id:HTNbrog:20180919231613j:plain

 

ディアブロス(角竜)とは、
モンスターハンターシリーズ」にて登場する、飛竜種に分類される大型モンスターである。頭部にある二本の角が特徴。ちなみに、角が1本の種はモノブロスである。 

砂漠に生息する飛竜ではあるが、砂の中を潜行して移動することの方がよっぽど多い。その角と盾状の頭部は「角竜」を想起させる。

縄張り意識が非常に強く、好戦的で凶暴。 その巨体に似合わず、機動力が高いうえに素早い突進が得意である。
その好戦的で、それに似合った実力を持つことから、「砂漠の暴君」の異名をとる。
今流行りの草食系飛竜で、サボテンを主食としているのだが、それにしては攻撃力がバカ高い。

弱点属性は水、氷だが、脚のみ雷と龍が氷より効く。

破壊できる部位は角と尻尾であり、角の部位破壊後の姿は、管理人の角と同じぐらいちゃっちい姿になる。

 

しかし、私の髪型と毛髪量では、

どうしても前頭部の左側に、

1本のうねった角しか作れない。

 

片角の折れた、ディアブロス

私は、ちゃっちい角のディアブロスだ。

 

そしてその角を、いじられ倒される。

四方から滅多打ちだ。

 

叩き込まれる悪口達は以下が例だ。

いずれも、強烈な火力である。

 

・モブ男A

「髪の毛…角ってるやん。」

 

・モブ男B

「立派な巻き角やな。しかし、惜しい…」

 

・モブ男C

「うねり…うねれば…うねり時……」

 

・モブ女D

「髪だけじゃなく、性格も大うねり、だねっ」

 

・モブ女E

「角、性格、ちんこ、全てが左曲がりね。」

 

・モブ男F

「角…髪ってるやん。」

 

…………てめぇらぁぁぁ!!

好き勝手ほざいてんちゃうぞぉ!!

 

神ぃぃぃぃ!!お前のせいやぁ!!

ぶっ殺すからなぁ!!許さねぇぇっぇぇ!!

 

モブ男B…

俺のは巻き角ちゃうねん!!

ほんで、「惜しい」て何や?

「この角という素材の質はどうや?」

みたいな目でみてんちゃうぞ!

 

モブ男C…

おまえ演歌歌手け?

 

モブ女D…

性格のうねりとかほっとけや!

パパ活やってるビチグソが何言うてんねん!

 

モブ女E…

おまえ…そら、そういう日もあるやんか…

たまたまその日だけ…

ちんこが左にドリフトしてただけやんか…

許したってぇな(´・ω・)

 

ほんで最後、モブ男F…

ちょっとじわじわ来ること言うん、やめや。

 

おっと、暴走してしまったようだ。

すまない。全て、吐き出させてもらった。

 

とどのつまりは、

言いたいことは1つだ。

 

おい…わかるか、イケメン…

とにかく、お前は何も分かっていない。

お前には覚悟が足りないのだ!!

 

元からパーマが掛かっているということは、

お前は角を背負うリスクがあるということだ!

 

ちゃっちいディアブロスと、

言われる覚悟が必要だということだ!!

 

デートのために気合を入れてセットしたが、

数分後に汗によって角を生やし、

待ち合わせ場所にディアブロス

待機する覚悟が求められるということだ!!

 

待ち合わせ場所で待つ彼女は、

クーラードリンクを持っていないし、

音爆弾も閃光玉、シビレ罠も持っていない!!

 

f:id:HTNbrog:20180919233127j:plain

 

そんな中、

お前というディアブロス

討伐できると思っているのかっ!?

 

お前がその女性たちに角を見せて、

それでも尚イケメンと言われれば、

お前を認めてやろう!!

 

いいかぁ!!角は、人間の尊厳を奪う!

格好良い?イケメン?

甘いんだよこのダボがぁ!

 

どんなイケメンだろうが、

どんな安田大サーカスのクロちゃんだろうが、

どんな全盛期の水嶋ヒロだろうが、

イケメンを無に帰す力が、角にはある!!

 

お前程度じゃ、

太刀打ちすらできないというのが、

わからないのか!?

 

この角が2本揃えば、

もう神にしか捌き切れない!

デュアルホーン、真のディアブロスだ!

 

陰毛も利用して、2つの角にしてみろぉ!

4本の角だ!ディアブロス2体だ!

クアッドホーンという称号を与えよう!

 

さらに、ちんこをあわせてみろ!

5本の角だ!ペンタホーンだ!

ディアブロス2体に、モノブロス1体まで

加わって、どえらいでぇ!!

 

想像してみろぉ!!

時代を象徴するイケメンたち、

もこみちや水嶋ヒロが、

ペンタホーンなる姿を!!

どうだぁ!!じわじわくるだろうがぁ!!

 

イケメン!!よぉく刻みつけておけぇ!

 

パーマとは、「かけるもの」ではない!

「かかっているもの」だと知れぇぇぇ!

 

 

管理人 鷹