振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ 振り返りとかゴミ

私の価値観を殺してくれた、バイブルを紹介したい

一般的に言われていることだが、私は筋トレが趣味である。

今回は、その私が普段お世話になっているバイブルを紹介したい。

 

諸君はご存知であろうが、そのバイブルとは、

『プリズナートレーニング』(ポール・ウェイド著者)である。

f:id:HTNbrog:20180813180335j:plain

 

近代的風潮で表すと、「プリズナー×トレーニング」だ。

そう、私はプリズナーを目指しているのだ。

 

この本は現代に生み出されたが、

もし時代が異なっていれば、

傑作と呼ばれていただろう。

 

おそらく、

アンネの日記」(アンネ=フランク)

我が闘争」(アドルフ=ヒトラー)

「プリズナートレーニング」(ポール・ウェイド)

上記らが世界三大名本として名を連ねていたであろう。

 

また、もしジャンルが違えば、

千と千尋の神隠し

ハウルの動く城

「プリズナーのトレーニング」

といったように、ジブリ三大名作としても名を連ねていたであろう。

 

さて、おそらく諸君はプリズナートレーニングが知りたくて

うずうずしている頃だろう。

安心しろ、すぐに貴殿らの前頭葉に叩き込んでやる。

 

それでは、プリズナートレーニングについて説明する前に、

「そもそもプリズナーとは?」について解説していきたい。

 

リズナーとは読んで字のごとく、

「囚人」と言う意味である。

 

筆者は生粋のプリズナーであり、

リズナー業界でもトッププリズナーとして君臨した。

 

ドリアン海王やスペックといった、

5人の最凶死刑囚達の次に、

ポール・ウェイドがランクインしているのは有名な話である。

f:id:HTNbrog:20180813180346p:plain

 

さて、そのプリズナーたるに相応しいと言われるためには、

有無を言わさぬほど必須となる要素が存在する。

 

その要素とは、「パワー」である。

 

リズナートレーニングをマスターすれば、

圧倒的なパワーが手に入る。

 

さてここで諸君に問いたい。

パワーとはなんだ?

諸君らお得意のロジカルシンキングを働かせてほしい。

 

答えを示そう。

パワーとは、「技を超えた純粋な力」である。

 

そう。パワーの前に、小細工は必要ない。

1つその例を挙げよう。

 

もし諸君目の前に、

身長190cm・体重166kgの花山薫が顕現なされたとして、

花山薫が密室にて以下のようにゆっくりと口を開いたとしよう。

NHKの受信料を…払って頂けますよね?」と。

 

いかがだろうか?

確実に支払う、いや支払い倒すであろう。

 

数100トンの握力を持ち、

口の中で数10発の銃弾が炸裂しても死なない生物を前にして、

何も感じないという生物はいない。

 

むしろ何も感じないのであれば、

「危機感」がまるで足りていない。

 

故に、受信料を支払う。

そこに理由は存在しない。

もはや目の前でビビリ散らすしかできない。

何故?といった疑問すらないのだ。

 

営業マンの「あれ?でもアンテナついてますよね?」、

「あれ?テレビ無いって言いませんでしたっけ?」

といったクソゴミ駆け引きは一切必要ない。

 

「払って頂けますよね?」

この一言だけで相手を封殺できるのである。

こういったものがまさにパワーである。

 

本題に戻ろう。

リズナーには上述のパワーが必要なのだ。

なぜなら、プリズナー業界は、食物連鎖の世界だからだ。

真の意味で、自分しか頼れるものがいない。

だからこそ、有無を言わさぬパワーが必要である。

 

突然だが、あなたは腕っ節に自信はあるだろうか?

ちなみに私に一切ない。チンカスである。

 

しかし、あなたが腕っ節に自信があるからといっても、

もはや下位プリズナーの足元にも及ばないだろう。

 

世界は広い。

世界最高峰の監獄と言われる、

アメリカのフローレンス刑務所、

ここにはまさに厳選された

トッププリズナーが集まっている。

 

フローレンス刑務所は、

ロッキー山脈に囲まれており、

過去誰1人として脱獄に成功したものはいない。

 

ここの下位プリズナーですら、

世界代表レベルなのだ。

 

上位プリズナーはもはや神の領域。

ロッキー山脈の土地神に近い。

そう、世界は広大である。

 

そんな世界では、弱みを1つ握られるだけでアウトだ。

私自身、最近友人に撮影された肛門と

金玉の裏の写真が流出し、

2chでいじり倒されるかどうかで恐れている程度だが、

もはやその程度の流出ですら監獄では死に繋がる。

 

とにもかくも、「誰かに舐められらた」という噂が命取りだ。

常にトップの座を争っている彼らは、

そのことを重々承知している。

 

監獄での厳しい生活や周囲からのプレッシャーを

はねのける強靭なメンタルも必須である。

 

そのために、パワーを身につけるのだ。

「俺を怒らせんじゃねぇぜ?」

「身に降る火の粉は払わなきゃいけねぇなぁ…」

「心??折れるもんなら折ってみろよ」

こういった無言の誇示が必要となるのだ。

 

そうして、自らの身を守り続けたものこそ、

トッププリズナーとしての称号、

リズナー・オブ・ザ・イヤーを受賞できる。

f:id:HTNbrog:20180813180336j:plain

 

私もそんな孤高のトッププリズナーを目指している。

コロラド最強という頂点に立ち、絶対に脱獄してみせる。

その高みに、たどり着きますように。

 

いや、もはやこの程度の革命では足りない。

その先、プリズナーという枠組みを破壊する何か。

PoT※を爆誕させてみせる。

 

※PoTとはPrisoner of Things(モノのプリズナー)、

つまり身の周りのモノがプリズナーに接続され、

発達していく仕組みを言う。

 

俺たちの戦いは、これからだぁ!!

 

P.S.

プリスナートレーニングの内容については、またの機会に

 

管理人 鷹