振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ 振り返りとかゴミ

S君という、ファンタジスタを紹介しよう:(1)

諸君、私だ。

ゴミだ。

 

私のお世話になっている友人に、S君という友人がいる。

彼は、人間として完成された存在で、今回は、諸君にそんなS君を紹介したい。

 

f:id:HTNbrog:20180610183301j:plain

 

S君との出会いは、大学入学時の時である。

当時の彼は純朴そうで、まさしく遊牧民や教会の子のような純朴さであった。

そんな彼のステータスを記しておく。

 

------------------- 

▼S君 ステータス▼

・肉体:ガチムチ

・iPhone画面:バキバキ

・スキニーパンツ:ムチムチ

・股間:ガチガチ

------------------- 

 

そして、付き合いを深めるうちに、

・処女にしか欲情しない

・キスの時間は最低8時間から

・なぜかいつも全身が濡れている

ということも判明しだした。

 

文字におこすと、もうキモイ。

処女にしか欲情しないなど、神話のユニコーン以外聞いたことがない。

 

ユニコーン特有の、匂いで処女かどうかを見分ける能力を持っているのか?

 

また、ミニマムでキスが8時間…

つば臭すぎるのではないか?

パートタイム制のようになってしまっている。

 

「あ、9:00~19:00で、キスですね。」

「1時間お昼休憩頂きますね!」

「今日もお疲れ様でした!」

 すまない、やりすぎた。

 

そして、上記2つの特徴に加え、全身がなぜかいつも濡れている。

汗といった体液が、いつも彼を濡らしている。

いや、もはや彼が体液を纏っているのか。

少なくとも、手を付けられないことは分かっている。

 

さて、そんな彼は、数々の逸話を残している。

(1)大手牛丼チェーン店アルバイト

(2)生まれ故郷での逸話

以上の厳選した2トピックを話させてくれ。

 

 

(1)大手牛丼チェーン店アルバイト

大手牛丼チェーン店アルバイトという、誰でも訓練できるアルバイトでも、彼はその才能を遺憾なく発揮していた。

 

そんな彼がアルバイト時代で達成した偉業は、入社したばかりにも関わらず、多くの違反項目を犯し続けるというものであった。

 

彼のアルバイトの初日、相当インパクトのある入場シーンを実現させていたのだろう。

 

伝説の始まりは、「彼が牛丼50杯分相当の作り置きの牛肉の上に、生卵を二つ落として一瞬にしてオシャカにした」ことから始まる。

 

考えられるだろうか?

 

そんな牛肉が大量にある上で、生卵を割るという行為を。

リスク度外視の圧倒的行動力だ。

私にはできない。

 

そして流れるように怒られるわけだが、彼には通じない。

一定ダメージ以下を無効にする能力をもつ彼には、その程度歯牙にもかからない。

 

そんな彼の進撃は続く。

 

彼は接客業にも関わらず、ガムをクチャつき、自身がクチャついたガムを、客の前で口元からチラつかせるのである。

 

なんていう漢だ。私にはできない。

入社してすぐのアルバイトにもかかわらず、牛丼50杯分の損失を叩き出すだけでも、上位1%の偉業である。

 

その上、ガムをクチャつき、ちらつかせる。

上位1%どころではない。

 

そして彼は流れるように怒られる。

しかし彼には、一定ダメージ無効がある。

さらに、教育無効のスキルも発動。

 

どれほどの代償を払えば、これほどのメンタルを…

 

その他にも彼は、他の追随を許さない程の伝説を残し続ける。

 

例えば、「つゆだく」という注文がある。

牛丼にかかっている「味付けのたれ」を、たくさんかけることを指す。

 

そうすることで、ご飯に良く「たれ」がしみこみ、非常においしくなる。

 

そしてそんな彼が「つゆだく」を担当すると、牛丼が雑炊のようになってしまう。

米がつゆでひったひたになってしまう。

 

客は愕然とする。

もはや牛と米がはいった、「つゆ」を持ってこられたのだから。

 

また、彼はまかないへのこだわりも凄い。

彼はそのこだわりから、いつも店舗でチャーハンを作り食していた。

 

牛丼屋でチャーハン…

その発想に追いつくことができない。

客も不振に思っている。

 

厨房で、信じられない速さでフライパンを振っている輩がいる。

 

フライパンをそこまで振るような料理はないはずだ。

どういうことだ?

何が起こっている?

 

そんな経験を経た彼は一気に飛躍する。

さすがに彼を扱いきれない判断した店舗責任者は、人事異動を命ずる。

 

さすがの彼も、職があぶれることを恐れたのか、渋々承諾した。

 

そして、その異動先での勤務1日目、彼は初日の勤務を飛ぶ。

 

何ということだ。

神々をも恐れぬ偉業。

実現可能性0.001%未満の偉業。

 

さらに分類すると、その偉業を達成する実現力・人類最高峰の精神力。

これらを兼ね備えている。

 

特に精神力に関しては、有り余る才能を全て犠牲にしてようやく到達できるレベルだ。

 

・一定以下の精神ダメージ無効

・一定以下物理攻撃無効

一体彼は、どれほどの能力を有しているのか。

神でも彼を殺すことは容易ではない。

 

恐らく、時代が異なれば、覇王☆織田信長と肩を並べただろう。

 

ビジネスで言えば松下幸之助の域である。

彼の前世は孫正義だったに違いない。

 

こうして、「オシャカ×ガム×つゆだく×チャーハン×飛ぶ」という掛け合わせは、彼の時給は半分にするというペナルティをもたらした。

 

日本でも、彼以外に存在しえないだろう。

この世の均衡を崩しえない個体であろう。

 

P.S.

(2)に関しては、またの機会に。

 

 

-----------------------------------
振り返りとかゴミ
▼Twitter(@FurikaeriGomi)
 https://twitter.com/FurikaeriGomi
▼ブログ
 https://www.furikaeritoka-gomi.jp
-----------------------------------